FANDOM


プラサカプコン(PLAZA CAPCOM)は、カプコンがオペレーション事業として立ち上げ全国展開している、いわゆるアミューズメントパークのブランドである。「プラカプコン」は誤り。

特徴は、営業利益が他社と比べると極めて高いことと、それに伴い最近オープンのショッピングセンターにおいては選ばれるケースが多い点である。テンプレート:要出典また、自社製品であるゲームについては、ロケテスト店舗としたり、先行稼動も一部行われることが考えられる。

  • 全国店舗数・・・34店舗(2010年5月時点)

ビンゴ大会 編集

プラサカプコンの特徴として、土日や祝日などの休日に各店舗で行われているビンゴ大会がある。

これは、カプコン製のランプ式のビンゴボードを使って行い、ランダムに点灯した番号を順番に決め、ビンゴになった者には賞品が貰えるというもの。

ニッケルシティ 編集

ニッケルシティは、カプコンがオペレーション事業として立ち上げ海外展開している、いわゆるゲームセンターのブランドである。かつては国内にも数店舗存在したが、アーケードゲーム事業撤退に伴ってすべて閉鎖された。

特徴は、入場料制とトークン(店内では「ニッケル」と呼ばれる)制の併用(店舗によっては時間従量制)であり、入場料を徴収する代わりに、店内で販売(貸し出し)しているトークン(0~9枚程度)を使用して安価な料金でプレイできることである(時間従量制の店舗ではトークンを使用しない店舗もある)。大量にトークンを購入すれば安くなるほか、古いゲームや、難易度が高くプレイ時間の短いゲームは安く、新作や、プリクラプライズゲームなどの払い出しを伴うゲームは高く設定するなど柔軟な運用がされている。但し、入場料制であるため、ゲームをしない客に対しても課金が発生する。

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stub